我が愛機 XLR250R

April 30 [Mon], 2012, 20:00
皆さんこんにちは。
以前から少しずつ整備をしていた長期不動車のXLR250R(MD20)が遂にエンジン始動できる状態になりました^^

これまでに行った整備は、キャブレターオーバーホール、エアクリーナーエレメント清掃、スイングアーム・リアサス・サスペンションリンクをそれぞれ取り外してグリスアップ、ステアリングステムベアリングのグリスアップ、フロントフォークオイル交換、エンジンオイル・オイルフィルター交換、タペット調整、フロントブレーキマスターシリンダー・ブレーキキャリパーオーバーホール、チョークケーブル交換、チェーンスライダー交換、その他点検・調整。

少し写真を撮ったので一応載せておきます↓



タペット調整です。
タペット隙間 : IN. 0.03-0.07mm (冷間)     EX. 0.06-0.10mm (冷間)



加速ポンプ付きのPD型キャブレターです。
右にあるのが加速ポンプのダイアフラムで、スロットルを開けるとロッドが押されてガソリンがピューっと噴射されます。



フロントブレーキマスターシリンダーです。
ラジアルマスターにメッシュホースで決めたいところですが、このXLRはできるだけノーマルに近い状態で乗ろうと思っているので、とりあえずはノーマルのオーバーホールでいきます。



ブレーキキャリパーです。
固着していましたが、オーバーホールでバッチリです。


上記の整備を終えて無事にエンジン始動ができました。
アイドリングも安定し吹けあがりも良好です^^ 後はガソリンタンクが錆びているので、錆び取りをしないといけません。それが終わったらいよいよ走行テストです^^ ワクワク♪

このXLRは売り物ではありませんが、販売でもXLRは積極的にやっていきたい車両ですので、良い車両が入荷しましたらまたお知らせしますね。

RFVCエンジンサイコー! XLRサイコー!!